正直になれない大学生ブログ

普通のことを普通につらつら書いていく。そんなブログ。

ものとしての本、読むための電子書籍

本は、これから (岩波新書) 池澤 夏樹 (編著)

 

 電子書籍が発展し始めた時代に、ジャーナリスト、カメラマン、書店長、社長、図書館関係者などの著名な 36人もの人たちが「本のこれから」を語る。

 それぞれの意見や文体に特徴があっておもしろいが、概ね三つの意見に分かれる。

  • 電子書籍は本ではない、続かないとする立場
  • 本と電子書籍お互いに良いところがあるとする立場
  • 本はなくなるとする立場

 私には、本の収集癖があるため(過度な場合を書痴という)、本は必要だ。本棚に収まっていく過程が楽しみで、どうしても買ってしまう。
 上野千鶴子の『書物という伝統工芸』で、「書物はなくならない、今度は『伝統工芸』として」とあるが 、そのうち装丁、帯、はたまたしおりまで収集する癖がつくかもしれないと最近考えるようなった。


 だが、最近では、電子書籍があれば便利だなあとも思うようになった。
 毎日、本がカバンに入っていないと落ち着かないという理由から、新書1冊、小説1冊、四六版以上の1冊を入れた、なかなかの重さになるカバンを持ち歩き、大して読みもしない日が多い現状に、ストレスが溜まっている。
 これが、電子書籍だったら本がない不安に襲われず、荷物を軽くして過ごせるであろう。

 

 目に優しいと言われるkindleやkoboを買おうか迷う。

 本の収集癖は、やめられないだろうから、電子書籍を読み、本を貯めるというような生活スタイルができあがるんだろうか。

 

 2010年にこれだけ様々な意見が出てざわざわしていたが、現在でも本はなくなってはいない。書籍売上が年々落ちているというデータをよく見るが、何年かに一度は上がっている。ということはまだまだ書籍は安泰なのではないのだろうか。というのが私の意見だ。

 安直だ! という意見は受け入れる(笑)

 

最後に一言

「電子書籍批判の際に、子供相手のゲームのようだ、という記述が見られることがあるが、陳腐すぎやしないか」

 

本は、これから (岩波新書)

本は、これから (岩波新書)