正直になれない大学生ブログ

普通のことを普通につらつら書いていく。そんなブログ。

前半の青年のように怒鳴りたい

幸せになる勇気 (ダイヤモンド社)  岸見 一郎 (著), 古賀 史健 (著)

 

 「人間にとっての幸福とは何か?」という大きな問いを考え抜いていていくために、「過去の否定」、「課題の分離」、そして「交友」「信頼」「愛」へとテーマを移していく。
 『嫌われる勇気』の続編であり、嫌われる勇気でアドラー心理学を知った人たちへ「コンパス」としての実践編である。
 前半は学校教育を多く例に出し、後半人生を論じることに終始する。

 

目次

第1部 悪いあの人、かわいそうな私
第2部 なぜ「賞罰」を否定するのか
第3部 競争原理から協力原理へ
第4部 与えよ、さらば与えられん
第5部 愛する人生を選べ

 

幸せになること

 「幸せになること」それは、貢献感を得ることである。
 人間には、もともと共同感覚というものが存在し、それを掘り起こしていくと、幸せを感じることができるという。そして、人間の眠っている共同感覚にたどり着くためには、愛することが必要であり、その愛は、他人を1人の人間として尊敬することが肝要である。
 尊敬することは、他人に対する無償の信頼が必要だし、信頼するということは、「他人を信頼した自分」を信頼すること、すなわち自立することを意味し、自立は他人との相対的価値で測るものではなく、自分というものを自分以外の何者でもないとし、絶対的価値で認めることである。

 

<内容のあたま整理用>
* 自立=尊敬=信頼
* 信頼→愛すること
* 愛すること→共同感覚=貢献感
* 貢献感→幸せ

 

理論はわかるのだけど

 「課題の分離」、「これからどうするか」をまず考える、「無償の信頼」、「賞罰を与えない」など、これらのことが達成できれば、今の自分を変えることができるのだろうが、それを達成することは難しいし、苦しい。
 過去に囚われ、他人の承認を欲してまう。アドラー心理学なんて理想論だ! と投げ出してしまいたくなる。
 しかし、本書にある通り、アドラー心理学を知ってしまえば、後戻りできない。理想論だとは思いつつ、アドラー心理学ではこうだった…と気にしてしまう「劇薬」なんだなあと実感してしまうのであった。

 

印象に残った言葉

「すべての悩みもまた、すべて対人関係の悩みである」

「すべての喜びもまた、すべて対人関係の喜びである」

  

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII