正直になれない大学生ブログ

普通のことを普通につらつら書いていく。そんなブログ。

今日書こうと思っていた内容について投稿するのを止めましたよっていう報告

 

 

ぎりぎりまで投稿しようかどうしようか迷っていた雑記があったんですけど、寸前で止めました。

 

内容は、「小さい女子=かわいい」ってことを、ただひたすらに可愛いと言い続けるものなんですけど、まるで酔っているかのような文章で読んでて恥ずかしくなりました。

でも、どういうことを書こうとしてたか発信したい。そういう欲求がこのような形になりました。

 

今回の場合は、やろうかやらないかで迷いましたが、言おうか言わないかで迷った経験はないでしょうか?

 

私は、迷ったあげく言ってしまうことが多いのですが、よく失敗します。

たとえば、

  • 本音で語ってくださいと言われて、「御社は第3志望です!」
  • ストッキング破れてる女子に「破れてるよ」
  • おちゃらけた人に「信用ないもんな」っていじり、機嫌を損ねる

とか、言わなくていいことを言ってしまうことが結構あります。

 

このストッキングはなかなかの地雷だと思います。

元気ハツラツ人に指摘しても笑いにして返してくれますが、そうじゃない人に言ってしまった場合はすごく苦い顔されますよ。

言われた子の気持ちになってみれば、指摘されたところで、どうしようもできないわけだし、言われたらそのことがその日中頭にちらつきますよね。きっと。

だから、みなさん、ストッキングが破れてることは伝えないほうがよろしいかと思います。

 

話ずれたなぁ。

 

 

まあ、言ってしまうっていうことは、正直ってことかな?

それとも、単に言葉を選びきれてないだけ?

 

ちゃんと相手と誠実に向き合って、いつも会話しようとは心がけています(腹黒いことは腹黒いですけど)。

 

…ブログタイトルの意味の「正直」とは、また意味が違うんですけどね。