正直になれない大学生ブログ

普通のことを普通につらつら書いていく。そんなブログ。

「生」の実感を求めて

 
 
どうも「生」の実感がない。
 
文章を書いている時、私は「何か」を拾っている。
廊下に唾を吐いている人を見て感じた「何か」
カップルの会話を聞いて感じた「何か」
電車のマナーで感じた「何か」
 
これらは全て自分が対象と関わっていない。
 
 
 
先日フォローしてくれた方は実際に出会い系であった人とのやりとりを記事にしていたが、やはりその実体験に面白さが感じられる。
 
だから、やはり人と人同士のやりとりが1番「生」を帯びる気がする。
どこか頭でかっちの私では及ばないところだ。
 
今回の記事もまた、相手の情報を拾っているだけだ。
「生」の実感はない。
 
あまり就活の話はしたくないが、私は「生」の実感を得なければという気持ちで営業を希望している。
しかし、「成長したい」で入れてくれる会社など少ないから困ったものだ。
 
そもそも何が問題かというと、ここでも実態のない「何か」を求めているところだ。
営業職に就けばたくさんの人と関われる、いろんな人と仕事ができると考えてしまっている。本来営業職に志望するのは、今までたくさんの人と関わってきてその面白さをもっと追求したいとか活かしたいとかそういう人だ。
「色んな人と関わりたい」なら今動けばいいだけの話なんだ。今ある環境、つまり学校、バイト先、近所…で。たったそれだけのことができない。
 
女々しいな私は!!